肥満なのか痩せているのか、数値で判断するための体格指数を日本ではbmiと呼んでいます。では、このbmiはどうやって計算すれば算出することが出来るのでしょうか?算出方法は簡単で、ご自身の身長と体重さえわかっていれば、bmi値を知ることが出来ます。体重÷(身長×身長(m))という式で計算が出来るのです。例えば、身長160cmで体重が55kgの場合、55÷(1.6×1.6)=21.48となります。ですので、bmi値は21.4となります。bmi値も判定基準という物があり、指数によって肥満であるか痩せ型なのか判断することが出来るのです。医学的に見て指数が22が、最も生活習慣病など病気にかかりにくい数値とされています。指数が18以下の場合は痩せ型、19〜24は標準、25〜30未満は軽度の肥満、35以上の場合は肥満と診断されます。指数の数値が高ければ高い程、高血圧や脳卒中など、生活習慣病にかかるリスクが高くなっていくのです。近年では、逆に指数が21以下ですと、ガン発生のリスクが高まると言われています。しかし、このbmi値だけを見て、肥満や痩せ型と判断することは出来ません。あくまでも基準なので、容姿が痩せていても指数が高い場合もありますし、肥満に見えても指数が低いこともあります。人それぞれ体格や体型も異なっているということです。総合的に判断する場合は、体脂肪率も測定し、一緒に見て判断する必要があります。